--/--/--(--) --:--:--
スポンサーサイト
CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PERAMALINK | TRACKBACK(-) | COMMENT(-)
2007/09/29(Sat) 23:55:08
シャクナゲっとな~
CATEGORY:夏山登山
ニセコ山系のシャクナゲ岳に登ってきた!
パノラマラインの途中にある「神仙沼」が登山口になってるとこ。
神仙沼の他に、長沼、シャクナゲ沼と、途中に水辺があってなかなか楽しい。



登山口付近は神仙沼への観光用に整備されてる。オサくん意気揚揚とし過ぎ!な写真になっちゃった

20071009155914.jpg
観光道路からはずれて登山道に入るとちょっと険しくなる

20071009155922.jpg
だいぶ険しくなってくる

20071009155927.jpg
ていうか木やら岩やらにしがみつかないと登れなくなってくる

と、先を行くオサが岩にしがみつきながら「こだまいた~!」とか言い出す。
後で聞いたらそれはただ、こだま(もののけ姫のあれね)がいそうな雰囲気だっていうだけの話だった…。
でも私は同じ場所で、どれどれと岩の間を覗き込んだら…。

20071009155933.jpg
コレほんとにこだまっぽくない?

20071009160005.jpg
山頂付近はでっかい岩の上を渡っていかなきゃいけない…踏み外したら危険!

20071009155939.jpg
つことで山頂に到着!!オサの目線が異常に怪しいのは気のせい気のせい!

山頂までは1時間45分くらいかな。
オサがいたるところで写真撮ったり、わりとダラダラしてたからまあこんなもんでしょ!

20071009155959.jpg
標高1,040m。私の高度計でも高度確認…なんつって誤差修正した後だからちょっとやらせぎみ(笑)

20071009155952.jpg
山頂からはお馴染みの山達が見渡せる

羊蹄山低すぎだろ!っと思ったアナタ。
いやいや、むしろピークは雲に隠れているのだよ…携帯のショボカメラではわかりづらいったらない。
ちなみに写真右端の真ん中らへんにチラッと写っている建物らしきものは、チセヌプリスキー場のリフト降り場。

20071009155945.jpg
山頂でランチ!美味いんだな~これが。オサの表情は…気のせい気のせい!

20071009160010.jpg
日本海が見える!(左上)そして目の前にはシャクナゲ沼

20071009160016.jpg
登山の途中には「長沼」もあって、行きは登山道を歩いたけど帰りは長沼の沼沿いを歩いてみた。水辺ってなんか楽しくなるよね

ていうことで無事に下山。
下山も登りと同じくらいかかった…寄り道し過ぎたか!?
そして、登山には通り道じゃなかったので、せっかくだから神仙沼も見てみることに。

20071009160022.jpg
「神仙沼」って名前は最初に発見した人が神と仙人がいてもおかしくない!って思って名づけたんだってさ。オサが背中に汗かきまくりなのは…気のせい気のせい!

20071009160027.jpg
水面が鏡のよう!…っていうかコレ、逆さまに撮ってみたの

さて、そろそろ雪も降っちゃうから、降る前に登れる山には登っておきたいな~。
スポンサーサイト
PERAMALINK | TRACKBACK:0 | COMMENT:2
2007/08/25(Sat) 23:55:28
登山いいね~!何回も登っちゃうよ!
CATEGORY:夏山登山
ご機嫌なタイトル。

さて、またまた登山。
今回はカナも一緒にレッツらGO☆

本日目指す山は先週そのふもとでパークゴルフをやった八剣山。
国道230号線を札幌市街から定山渓方面に走っていると右側に見える山。
名前は聞いたこと無くても、230号経由で国際とか中山とか行く人はみんなが見覚えのある山だと思う。

20070827142818.jpg
この山

ほらね、見たことあるでしょ?(笑)
この写真の上部の岩の部分の上に立てるのですよ。
登る時間は1時間程度で、札幌近郊では比較的手軽に登山できる山として有名。

つことで、オサ&カナと3人で南口より登山開始。

20070827142829.jpg
登山口はこんな感じ。わかりづらいけど看板の登山「口」の裏あたりから登り始め。いきなり岩にしがみついて登らなきゃいけない、ハッキリ言って壁

つことで、壁をよじよじ。
オサとカナが「ほんとにここが上り口でいいのー!?」と何度も私に確認してくるくらいに険しいスタート。

まあでも少し登ったら、わりと普通の登山道になったけどね。
3年前の台風の影響か、結構倒木とかがあって歩きづらいところも何箇所か。
10分くらい登ったら中央口との合流地点に。
この付近で「熊の糞発見、注意!」みたいな情報を見ていたのでちょっと慎重に。

20070827142852.jpg
結構道幅は狭いところが多いのが南口(中央口)側

それなりの斜度があるところを無理やり登山道にしている感じなので、道を踏み外すとかなり滑落しそうなところが結構ある。
慎重にね。

20070827142907.jpg
岩場を、ロープを頼りによじ登るような場所も

結構斜度があるので、休み休み時には道沿いに咲いている花を眺め、写真を撮り、自然を満喫しながらの登山。

頂上が近づいてきたところで景色もだいぶ開けてくる。

20070827142936.jpg
230号側を見た景色。民家や果樹園、川が見えてまるでミニチュアのよう。写真中央を左から右に走っているのが230号線。左端に見える大きめな建物は「道路情報館」

八剣山は、山頂まで行くと360度全ての景色が見渡せる。
登ったー!って感じがしていいよね。

てことで、ついに上の岩の部分に到達。

20070827143017.jpg
230号側から見て岩の右端の部分から左側方面を見た感じ

この写真の奥の方の岩に「山頂」の看板があるのでそちらに向かう。
そこに向かうには、岩の下の部分をトラバースしていくのが普通だけど、実はこの岩の上を渡っていくことも出来る。

だがしかし!
ほんと狭くて、幅が50センチくらいしか無いようなところもあるから、もう平均台みたいな感じ?
岩の部分は高さ10m以上はある(もっとあると思うけど)ので、もしも落ちたら死を覚悟しなきゃって感じなので、それはさすがに避けてトラバースする方を選択。
這いつくばって渡ったってビビるわ~。みたいな感じ。

20070827143119.jpg
渡りきった場所から振り向いたらこんな感じかな。写真じゃわかりづらいけど、これは怖い!風が吹いたらサヨウナラー

てことで、ついに山頂へ。
20070827143132.jpg
3人で山頂のカンバンに同時にタッチ!

それぞれ軽い軽食を食べて(馬から落馬みたいだけど…オサが実際に言ってた。アホ~)さて下山。

下山は違うルートにしよう、ってことで西口へ降りることに。
下山後に西口から南口へ裾野をぐるっと歩くことになるけど、まあ2キロくらいの道のりだし、行っちゃおうぜ~!てな感じで。

南口ルートとは違って、西口ルートは山頂付近はロープを伝うような斜度があるものの、そこを過ぎるとわりとなだらかな感じ。
しだなんかが生えてて、わりと森林浴を楽しみながら軽快に進む。
途中、暑くなったのでベストを脱いで、拾った木をステッキ代わりに3人で意気揚揚と下山。

…ここでフとあることに気づいた私。
あれ?携帯が無いなぁ。
あれ?あれれ?
ってなわけで、ポケットとザックを捜索。
ていうか、たぶんベストのポケットに入れてたからさっきの脱いだところだろうなぁ。

なんてわけで、オサとカナを残して一人で戻ることに。
このときはまさかあんなことになるとは思いもしなかった!
…って、最近こんなのばっか。

オサの携帯を借りていたので、私の携帯を鳴らして確認する。
ベストを脱いだポイントに行っても無い。
ちょっと滑って転びそうになったところにも無い。
倒木をまたいだところにも無い。

…なんてやってたら「あそこまで登ればあるかも」の繰返し。
とうとうロープを張ってあるところまで登り返してしまった。
この辺でかなに電話して「こうなったら山頂まで戻らないと諦めがつかないので先に下山してて」と。

「あそこまで登れば」の繰返しでとうとう山頂に。
何やってるんだろ私?
そして携帯は無い…。
途方にくれてオサカナに「これから下山します」と連絡して、最後の悪あがきでもう一度自分の携帯にかけてみる。



あれ?

鳴ってる!鳴ってるよ!!!

登山道からのすぐ脇…と言っても狭い登山道なのであと5センチもずれてたら下に転がり落ちて2度と見つからなかっただろう、的な草の陰に落ちてた。
諦めないで良かった♪

オサカナに歓喜の報告をして早速下山。
帰りは早いよ~。
そして、オサカナと分かれたポイントも通過。
…あれま、すぐに登山口に着いちゃった!

つまりアレか、携帯が無いと気づいた場所は98%くらい下山してた場所だったのか!!
その場でそれに気づいていたら登り返す気力は無かったかも!?
ていうか、私ってばほぼ2往復したわけですね。ははぁ。

ってことで、陽気なタイトルは空元気でした~!
何回も登っちゃうもんね!
…そんなこと言えるほど若くないよ私は(笑)
PERAMALINK | TRACKBACK:0 | COMMENT:4
Recent Comments
Recent Trackbacks
About Me
maather396ダイヒョウ

  • Author: maather396ダイヒョウ
  • ◆誕生日◆
    3月27日

    ◆座右の銘◆
    明日できることは明日やる

    ◆仕事◆
    OL(経理)

    ◆趣味◆
    睡眠

    ◆このブログについて◆
    日々の思いつき。後で読み返して照れること必至。
    maather396ダイヒョウという肩書きとはたいして関係ないことが多いかも。

    ◆スノーボード◆
    自己満足映像
    kazuha_movie
Search
gremz
Black Cat
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。