--/--/--(--) --:--:--
スポンサーサイト
CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PERAMALINK | TRACKBACK(-) | COMMENT(-)
2006/07/21(Fri) 14:24:13
家族のもしものときのために
CATEGORY:ツブヤキ
少しかたい話ですが。

うちは父が2年前に他界しました。
晩年は入退院や通院を繰り返していたりして、少しは心構えは出来てはいたのですが、それにしても55歳という若さで逝ってしまうとは思ってはいませんでした。

一生忘れることは無いと思う、父の亡くなった日のこと。
まあこれは今書きたいことではないので書きませんが、いろんな後悔、自分の不可解な行動、かなり冷静な方ではあったと思うけど、それでもやっぱりいろんな動揺がありました。
でも、遺族というのは動揺したり、悲しんでばかりもいられません。
人が亡くなるということは、すなわち葬儀をしなければならない、法的な手続きもしなければならない、そういう現実がたくさんあるからです。
(葬儀は必ずしも「しなければならない」というものでは無いかもですが…)

まずは法的な手続き。
相続等の問題に関しては落ち着いてからでも大丈夫ですが、まずは死亡届を出さなければなりません。
死亡届が無いと火葬出来ないですし、火葬証明が無いと納骨が出来ない、死亡届を出すためには死亡診断書が必要、ととにかくいろいろ届けが必要です。
これらの手続きは葬儀屋さんに頼めばやってもらえます。(もちろん有料)

じゃあその前にまず葬儀屋さんの手配が必要ということになってきます。
うちは、町内会の会長さんにお願いして紹介してもらい、葬儀屋さんを決めました。
葬儀屋さんによっていろいろ違ってくることがあると思います。特に金額。調べてみたらいろいろ騙されてる人もいるみたいなので、場合によってはこれも真剣に選択しなければならないのかもしれません。
都会では町内会なんて関わってません、という人もたくさんいると思いますしね。

葬儀を出す際、重要になってくるのは自分の家の宗派です。
宗派によって、葬儀の内容(祭壇、進行、お坊さん等)が全然違います。
キリスト教などであれば教派によって違うと思いますが…うちは仏教なので今回は仏教の話で。
これを読んでいる人で自分の家の宗派を知っている人はどれだけいるでしょう?
うちは浄土真宗(真宗とする場合もある)ですが、その中の東本願寺派という宗派になります。
他にも一向宗とか門徒宗とか言われたりもするんだけど、私は父の葬儀までそこまで詳しくは知りませんでした。
葬儀の後、別件で宗派のことをいろいろ学ばなければと思って勉強しましたが、宗派というのは本当にたくさんあるものなんですね。

とにかく、宗派がわからないと葬儀の内容も呼ぶお坊さんも、金額も何も決められないので、自分の家の宗派は知っておくにこしたことはないと思います。

自分が葬儀を取り仕切ることなんて、身近に感じるのは難しいかもしれないです、でもある日突然、家族を乗せた車が事故に合うとか、災害で家が被害に遭うとかで、自分だけが取り残されるということに絶対にならないとは言い切れないと思います。

親戚に聞いてみても、本家だとか分家だとか、嫁に行った先だったりで宗派が違うことは多々あると思うので(実際うちは父が一人っ子で母方の親戚しかいないので、他の親戚とは全く宗派が異なっていました)必ずしも誰かが知っているということでもないかもしれないですし。

母は父が無くなって失意のもとにありましたので、葬儀を取り仕切れるような状況ではなく、また私の姉は嫁いでいるし、弟はちょっと頼りにならないタイプなのもあり、基本的に葬儀は私が全て取り仕切りました。
祭壇のランク、棺の種類、通夜振舞いの料理の手配、返戻品、礼状、火葬場へのバスの手配、新聞への告知…とにかくたくさんのことを決め、動かなければなりませんでした。
うちはだいぶ前に亡くなった祖父や母の意向などいろんな事情により葬儀場というかセレモニーホール的なところではなく、町内の集会場みたいなところを借りてやったので、特にいろいろ大変でした。
たぶん、葬儀屋さんに全て任せられる状況ならもう少し楽だったとは思います。
火葬が終わるまで、私はいろんな状況に対応することに追われ、悲しみを忘れる瞬間がたくさんあるほどでした。

葬儀の後に宗派について勉強したというのは、四十九日が終わった後の納骨のときでした。
墓は建てず、納骨堂に納骨することになっていたのですが、実家のあったところとは違う市に納骨することになり、今度は納骨堂探しです。
納骨堂というか、お寺探しですね。
まず家の宗派の寺がどこにあるのか、から始まり納骨堂があったとしてその場所や金額(現実的ですが…)を調べなくてはなりません。
無事にすごくいいお寺とすごくいい住職に出会えて無事に納骨はできましたが、かなり大変でした。
これと平行して相続手続きやらあいさつ回りやら、とにかくやることがたくさんあったのも大変さの一因だったとは思いますが。

葬儀、納骨、そしてその後は一周忌などいろんな法要があります。
今まで気にしたことが無かった自分の家の宗派やいろんな手続き。
もう少し家族で話したりとかしてても良かったかな、と思いました。

うちは父が一人っ子なうえ、父方の親戚がいなかったということもあり、一応本家の墓はありますが、それも遠いところにあって、どこの檀家でもなかった、等かなりの悪条件(と言っていいのか…)が重なっていたからこそ大変だったのかもしれませんが、これを読んでる人も、もしものときのために、家族と少し話してみたらどうかな?と思います。
宗派を知っておくこと、家族は自分が亡くなった後どうしてもらいたいと思っているか、元気なうちにこそ話せることというのもたくさんあると思います。

なんだか真面目なうえに暗い話になってしまったかもしれませんが、昨日父の夢を見て、急にこんな文章を書きたくなってしまいました。
いつもとは文体も違うし、相変わらず長いので読みづらいとは思いますが、ここまで読んでくれてありがとうございます。
PERAMALINK | TRACKBACK:0 | COMMENT:12
Comments
先日知り合いが仕事中に突然クモ膜下出血で倒れ亡くなった。
少し前までピンピンしてたのに何の前触れもなく突然に・・・
こんな事もあるんやとビックリ&ショックやった
自分も家族にも そんな突然があるかもしれんもんね・・・
2006/07/21(金) 19:55:31 | URL | まいたけ #rxT4TTcI[ 編集 ]
そっかーそんな大変を乗り越えて今のかずはさんがあるんだね
お父さんが夢に出てきて、みんなの役にたつようにってしてくれたのかなぁ
ちょっと考えさせられる日記でした
2006/07/22(土) 18:40:13 | URL | hiyoko #-[ 編集 ]
カズハ大変だったんだね。

とてもタメになる話だぁ。。。

もしぉ母さんが・・・って考えて涙っときてしまいましたが

今後、現実にありえる話なので即確認!!
2006/07/23(日) 22:13:04 | URL | ゆかり #-[ 編集 ]
>まいたけ hiyoko ゆかり
>まいたけ
知り合いの方は残念だったね。若かったのかしら?
自分には関係ないことだと思ってることがいつ現実になるかわかんないね…若くして病気になる人もたくさんいるってこととか忘れがちになっちゃう。
今出来ることは精一杯やらなきゃならないよね…なんて自己紹介欄にヒドイ座右の銘を書いてる私が言うのも何なんだけど。

>hiyoko
やー乗り越えたっていうか流れでここまできた感じ。
あんまり経験したくないことではあるけど、いろんな意味で成長できたとは思うから、やっぱりそういうことがあったから今の自分があるってのはhiyokoの言うとおりかもね。
みんなの役に立つかどうかはわからないけど、まあうちら世代の親も結構いい歳になってきてるわけだから、少しは考えるきっかけになればいいね、くらいの感じ。

>ゆかり
うん、自分で行動しなきゃいけないときがいつ来るやもしれないからお母さんに確認してみて!
や、あんまり考えたくは無いことなんだけどね…。
2006/07/24(月) 09:41:49 | URL | ダイヒョウ #LUHx5KOk[ 編集 ]
そうだったんや 家族や身近な人が亡くなるってすごく寂しい事やよね でも元気だって思っててもいきなりって事もあるもんね
元気なかずはでいるのはお父さんがきっと見守ってくれてるんだろーね!元気すぎてお父さんも心配してるかな~^^
2006/07/24(月) 20:41:49 | URL | かずよ #-[ 編集 ]
>かずよ
そうそう、元気過ぎるのは見守ってくれてるから~~~~って、過ぎるってどういうことさ!(ノリツッコミのつもり)
人のこと言えないべさ!っと言いたいけどそうでもないのかしらん?
かずよは元気過ぎるというより…なんだろう?
慎重すぎるとか?うーんわかんにゃい。
まーとりあえず元気に「過ぎる」ことはないよきっと!お互いもっと元気にガンバロー♪うふ。
2006/07/25(火) 09:42:22 | URL | ダイヒョウ #LUHx5KOk[ 編集 ]
お知り合いはね、50代の方。
昔一緒にお仕事してた人なんだけど。
他人でも悲しいのに身内が亡くなるなんてもっと悲しいよね。
それを乗り越えてきたんやねダイヒョーは・・・
お言葉ありがたくうけとめて今後動いてみますじょ。

2006/07/25(火) 12:07:29 | URL | まいたけ #rxT4TTcI[ 編集 ]
>まいたけ
50代は充分若いよね。
身内の場合は…そうね、私の場合はやることがあり過ぎて悲しみよりも現実の方が占めてたかも。
後日遺品の整理とかしてるときにドッときたわー。
まあ乗り越えるっていうか、生きてる限り死にも直面することはあるわけで…たぶんそれが少し早かっただけっていうかね?小さい頃に亡くしてる人とかもいるしね。
もしもを考えるって辛いことだけど、やっぱり必要なことでもあるって感じで。はい。
2006/07/25(火) 16:39:13 | URL | ダイヒョウ #LUHx5KOk[ 編集 ]
のりつっこみーー♪
元気にすぎるはないね!!もっと元気にがんばりましょ^^
2006/07/26(水) 00:12:48 | URL | かずよ #-[ 編集 ]
>かずよ
うむうむ!
いつまでも元気でいたいものだよね!そして元気にまた一緒に遊びたいものです、はい。
2006/07/26(水) 09:31:06 | URL | ダイヒョウ #LUHx5KOk[ 編集 ]
うちもよくこの手の話してるよ~。
おかんとは「骨は残したくない」って共通の意見があるから
ゴリゴリとすりおろして散灰したいなぁと思ってます。
うちは浄土真宗の西本願寺派なんだけど
信心が少ないので、檀家もやめて
納骨堂もやめそうな気配です。
でもおとんは普通に葬式→納骨してほしい派だからどうなるかな?
葬式以外にもその後の手続き(相続とか保険とかイロイロ)もやることたくさんあるし
ほんと、悲しみ忘れさせてくれるよね。
大変だけど、大事な人だからこそ手を抜けないっていうか。
きちんと送ってきちんと後処理をしてあげたいものです。
お互い、いい経験をさせてもらったよね☆
2006/08/09(水) 21:30:03 | URL | Marichi #-[ 編集 ]
>Marichi
そういう話しとくと本当にいいよね。
にしても散骨かぁなかなか難しいね。今いろいろ自治体とかで問題になってるもんね。
うちもそんなに信心深いわけではないんだけどさ、墓とかいろんな問題があって、今のところは納骨堂が一番安心なんだよねー。
悲しみを忘れるっていうか、私はどっちかというと遺された家族のことを考えるので精一杯だった感じ。母に苦労をかけたくないからねー。
ほんと、きちんと送ってあげたい気持ちはみんな一緒だよね!
…お互い?えーと、よくわからないけどマリちゃんもいろんな経験をしてるのね。うん、こういうのは経験しないで済むものならいいけど家族がいるんだからやっぱ避けて通れないからねー私は自分にとってほんといい経験だったと思ってるよ!今度会ったときにでもマリちゃんのいろんな話聞かせてちょー。
2006/08/10(木) 09:10:56 | URL | ダイヒョウ #LUHx5KOk[ 編集 ]

★コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
トラックバックURLはこちら
http://maather396daihyo.blog11.fc2.com/tb.php/197-fe44093c
Recent Comments
Recent Trackbacks
About Me
maather396ダイヒョウ

  • Author: maather396ダイヒョウ
  • ◆誕生日◆
    3月27日

    ◆座右の銘◆
    明日できることは明日やる

    ◆仕事◆
    OL(経理)

    ◆趣味◆
    睡眠

    ◆このブログについて◆
    日々の思いつき。後で読み返して照れること必至。
    maather396ダイヒョウという肩書きとはたいして関係ないことが多いかも。

    ◆スノーボード◆
    自己満足映像
    kazuha_movie
Search
gremz
Black Cat
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。