--/--/--(--) --:--:--
スポンサーサイト
CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PERAMALINK | TRACKBACK(-) | COMMENT(-)
2006/09/04(Mon) 14:58:33
やりきれないこと
CATEGORY:ツブヤキ
先週、私の友達が日記である事件についてとりあげていた。
その日記を読み、やりきれない思い、切ない思い、怒り、憤り、とにかくいろんなことを思った。
そしてそれを読んでからは、友人らに会ったときはこの話をしている。
2度とこんなことが起きて欲しくないという思いから、少しでも多くの人にこんな痛ましい事件があったこと、そしてそれが思うほど罪にならないこと等、多くの人がこのことを知るべきなんじゃないかな、と思ったから。

事件の概要は、
ある飼主が愛犬のフレンチブルを店先に繋いで20分ほど買い物をした後、犬(百代ちゃん)がいないことに気づき、そしてビラを作成していろんなところに貼る、人に聞きまわる、ネットで情報を募る、などとにかく手を尽くして探していたんだけど、ある日ウェブ上に「轢かれて死んでいるのを見た」という書き込みがあり、また同じ旨の電話も入り、落胆しかけていたところへ、「自分のマンションの住人(女性)が百代に似た犬を連れて散歩していた」という情報が入り、友人数人とマンションの管理人でその女性の部屋を訪ねたわけで。
玄関口で犬はいない等言うもののハッキリしない態度だったその女性は、ちょっと待ってて等といって玄関口から離れ、犬を盗んだことが発覚するのを恐れて部屋の窓(6階!)から犬を投げ、犬は即死してしまった、というもの。
そして事前の死んでいるのを見たという情報も、その女性による「探すのを止めさせる」ことを目的とした嘘の情報だったらしい。

私は当事者じゃないから詳しいことは書けないし、あまりにはしょっているので、詳細は下に上げるブログで確認してほしいんだけど。
この女性のしたこと、許せるだろうか?
もちろんこれを読んでいる人はみんなが「許せない」だと思うけど、でも今の日本の法律だと、窃盗罪。
あとは動物愛護法がらみで裁かれることになると思うけど…どこまでの処罰がくだされるかは疑問な感じ。

少し話はそれるけど、かつて「こげんたちゃん」の事件があったとき、あのときも私はすごくいろんなことを考えた。
(「こげんたちゃん」の事件についてはネット等で検索して欲しいです)
例えば殺されたのが人間の子供だったら、全国的にもすごいニュースになって、そして犯人はそれなりの罪を科せられるんだと思う。
それがペットである、それだけで罪がすごく軽くなる。
確かに、ペットはお金で売買されてたりするわけだし、その種類も多岐に渡っているから、一概に人間と一緒の扱いをするというのは難しいと思う。
この考え方自体が、人間のエゴ、おごり、そういう醜い考え方だとも思うけど…。
でも今の時代、ペットを我が子同然、きょうだい同然、とにかく家族として一緒に生活している人が多いわけで…。
犯人の女性の部屋には事件のとき2人の子供がいたそうで、つまりはその女性も人の親であるわけで。
自分の子供が連れ去られて、目の前で窓から捨てられ死んでしまったら…自分の保身に精一杯でそんな考えには及ばなかったんだろうね。

今、飼主さんとその周りの人達が協力して、犯人に事件に見合った法的措置がくだるようにいろいろ動いている様子。
被害届が出ているので、警察もそれなりには動いているらしいし、メディアにも連絡して、昨日の北海道新聞、読売新聞にも事件が掲載されたよう。

今後の動き次第では、何か自分に協力できることがあるかもしれないので(署名活動だとか)そのときは出来ることはしていきたいな、と思う。
とりあえず今私に出来ることは、この事件を世間に知ってもらうことなのかな、と、当事者の方たちのブログ等の記事を見て思ったので、口で伝えるだけにしてきてたんだけど、今こうして記事にしました。

うちのニャンズも大切な家族。
うちは完全な室内飼いだから、例えば間違って外に出てしまった場合、何が起こるかはわからないから、それは飼主の責任だしだからそういう責任を常に念頭に入れながら、私はずっと家族を守っていかなきゃな、と。
そういう意味では、今回の事件も飼主が目を離したことが一因でもあるわけだけど、そんなことは本人が一番思っていることなわけで、本人は自分を責めてばかりなわけで…自分がそうならないためにも、ペットを飼っている人には常に心がけていってもらいたいものです、はい。


百代ちゃんの冥福を祈るとともに、飼主さん、周りの方々がいつも笑顔でいられる日がくることを願います。

事件のことが詳しく書かれているブログ
http://blog.goo.ne.jp/pochi0320/
http://chacha1.exblog.jp/
※9/15追記 現在このブログは停止中および閉鎖しているようです。

事件に深く関わり、協力している札幌のお店のウェブサイト(今回のことはBBSに書かれてる)
http://www.mobby.jp/index.html
PERAMALINK | TRACKBACK:0 | COMMENT:6
Comments
残念だね。
詳細のブログ読みました。
正直やりきれませんでした。

うちの実家にも家族同然で飼ってる犬がいるので
他人事には思えませんでした。

最近、命の重さを感じていない人が増えすぎている気が
してなりません。

人間も動物も同じ様に命を持っているのに、
人間の勝手で殺して良い訳が無い。

飼っていた方にとってはかけがいの無い家族なんだから。
こんな事が今後無い様に祈りたいです。
2006/09/04(月) 22:54:35 | URL | スーさん #u1sLybPQ[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/04(月) 22:57:41 | | #[ 編集 ]
ぷちえみのトコから飛んで読ませていただきました。

ワタシはペット飼ってないんだけど、飼ってる人からすれば大事な家族の一員。
そんな一員を自分のわがままで命を絶ってしまうなんて…

自分の家族がそんな目にあったらどう思うのかな?
もっと、「生きる」ってコトに重みを感じて欲しいです。
2006/09/05(火) 06:33:11 | URL | ツカ #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/05(火) 13:44:46 | | #[ 編集 ]
>スーさん 管理者のみの人 ツカ
>スーさん
命の重さがどう、っていうのは難しい問題ですよね。
生体売買、保健所による処分、人間のエゴというのがたくさんあると思います。
私は、あくまで生態系としてというか、生きるため意外での命を奪う行為はしたくないとは思いますが…。
まあでも今回の事件はそういうのを抜きにして残忍で非道な行為だとは思うんですけどね。
スーさんの実家のワンちゃんも、愛する家族のもと最後のときを迎えるまで幸せにいてくれたらと思います。

>管理者のみ閲覧の方
確かに珍しく真面目?な文章だけど、こういうときはいいんでないかと…どうでしょ?
この犯人は、付近住民の話によるといつも違う動物を連れていたそうで。飽きっぽい性格なのか、はたまたほんとに価値観がおかしくてアクセサリーと同じような感覚なのか。
ほんと、2人の子供が心配ですわ。1人はおしめをして犯人に抱えられているほど小さい子らしいし。
自分や家族を含めて、命の大切さ儚さを感じる心を無くさないようになってもらいたいものだけど。

>メッセージをくれた匿名さん
まさかの事実!犬好きな人はいろんなネットワークがあるだろうからそれも不思議ではないよね…。
本当に許せない。
2度と同じようなことが起こらないようにと願うばかりだよね。
2006/09/05(火) 13:52:55 | URL | ダイヒョウ #LUHx5KOk[ 編集 ]
>ツカ
ごめん、ツカのレス書こうと思ったら間違ってエンターしてもうた!

ペットを飼っていなくても、家族、友達、大切な人が周りにいればそれを奪われる悲しみは誰にでもわかることだよね。
生きるということは他者(人間のみならず動物や植物や自然全般だね)と関わることだと思う。
そういうことを含めて、ツカの言うとおり「生きる」ということを考えて欲しいよね…。
2006/09/05(火) 13:56:41 | URL | ダイヒョウ #LUHx5KOk[ 編集 ]

★コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
トラックバックURLはこちら
http://maather396daihyo.blog11.fc2.com/tb.php/209-a4fd3ec7
Recent Comments
Recent Trackbacks
About Me
maather396ダイヒョウ

  • Author: maather396ダイヒョウ
  • ◆誕生日◆
    3月27日

    ◆座右の銘◆
    明日できることは明日やる

    ◆仕事◆
    OL(経理)

    ◆趣味◆
    睡眠

    ◆このブログについて◆
    日々の思いつき。後で読み返して照れること必至。
    maather396ダイヒョウという肩書きとはたいして関係ないことが多いかも。

    ◆スノーボード◆
    自己満足映像
    kazuha_movie
Search
gremz
Black Cat
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。