--/--/--(--) --:--:--
スポンサーサイト
CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PERAMALINK | TRACKBACK(-) | COMMENT(-)
2007/08/18(Sat) 23:55:48
夏山もいい! ~夏の怪談へのプロローグ~
CATEGORY:ヒビノコト
ぬらぬらと昼近くに起きて外を見てみる。
晴れ過ぎず、いい天気だな~と思って登山に行くことに。
昼からの登山なのでそう遠くにも行けないし、標高の高い山も時間的にビミョーなので、冬のホーム手稲山に決定。
装備もバッチリ(手稲山程度ならって意味で)レッツらGO☆

手稲山の登山コースは主に、手稲区の街中からオリンピア経由で登っていくコースと、スキー場の裏側にあたる平和の滝から登っていくコースの二つ。
うちらは今回は時間も無いのでオリンピアは車でスルーして、ハイランドゾーンにあたるところ(ロープウェイ山麓駅から山頂駅まで)を登る、短くて手軽なコースに。

登山口をスタートするとうちらの少し前方を、コーギーを連れた軽装のおじさま発見。
いいね~ちょっとした山道を散歩とは、これまたワンちゃんも喜びそうだもね。
なんつって、途中でサクサクと抜かしていく。
順調な滑り出し。(登り出し?)
070818_teine1.jpg
ロープウェーに乗ったらものの10分なんだけどね

で、途中ちょっと休憩してるとおじさんが追いついてきた。
「どこまで登るのさ?」と聞かれたので
「頂上まで行きま~す」と意気揚揚と応える。
おじさんにもどこまでか聞いたけど「ちょっとな~」という応え。
その時点で女子大回転コースの中盤くらいにいたので、おじさん結構登るな~くらいにしか思ってなかった。
で、またうちらはサクサクと先を登り続けることに。

中腹くらいのところでまた休憩を取っていたら、さらにおじさん追いついてきた!
ちょっと靴づれなんかしちゃってバンソウコウ貼ってたので、追い抜かれることに。
ここら辺でオサと2人「おじさんドコまで登るんだろね?」なんて感じに。

070818_teine3.jpg
風の強い日に傘さしてたら強風に傘もってかれそうになって踏ん張ったらキャー傘裏返った!みたいなきのこ

070818_teine4.jpg
女子大のちょい上あたりを頑張って登ってるオサくん

070818_teine5.jpg
夏もリフトはかかりっぱなし

070818_teine6.jpg
ほぼ山頂。06シーズンまでは冬はこの写真の左はしに3連キッカーがあった

さて、午後ののんびり登山なので1時間半くらいかけてようやく頂上付近へ。
そしたら、前方から例のおじさんが!
もうね、明らかに頂上行って帰って来ましたよ~的な。
「お疲れさまです~」とか言ったら「お~う!足は大丈夫か~?」とか言いながら軽快に下山模様。
なんていうか、おじさんの軽装っぷりを見たら、登山靴はいてザックしょって飲み物持って熊鈴をチリンチリン鳴らしてるうちらは、まさに「どんだけ~!」って感じ。
まあ、山は舐めちゃいけないからね…といいつつも、裏山的な感覚で散歩気分で来れる山ってのもまたいいよね、うん。
まあ冬に知り尽くしている山なので、迷ったりすることは無いんだけど…あとほぼゲレンデだし。

まあそんな感じで山頂へ。
冬は入り込めないテレビアンテナの建物郡の裏側へと周ると…。

070818_teine8.jpg

鳥居とこま犬…?

070818_teine9.jpg
そう、山頂には神社があるのだ~

070818_teine10.jpg
山頂記念に…ていうかこのポーズがイヤ!足とか首のかしげ具合とか何ですかコレ!?でもこれしか写真が無いので載せるけど

ロープウェーの山頂駅でひと休み。
せっかくなのでおみくじを買ってみる。

070818_teine11.jpg

なんとも中途半端に中吉。でもおみくじって何引いても結局いいように取れちゃう日本人的感覚。ある意味こじつけ

070818_teine12.jpg

山頂駅から下界を眺める…けどどんどんガスっていっていまいち

雪の無い景色ってやっぱり新鮮。
普段は雪に埋まってるからわからなかったりするんだねー。
つか、雪景色を「普段」と表現するのも一般の人からすると逆だよ!ってなりそうだけど。

070818_teine7.jpg冬は目の前にあるコース表示の看板もこ~んな高いところに

070818_teine13.jpg

山頂駅の横にはアスレチック的?な遊具が!

070818_teine14.jpg
リフト降り場にはベンチなんか置かれちゃって。これ正面はガスで真っ白だけどかなりいい景色が見えるはず

つことで山頂を満喫して下山することに。
この下山が恐怖の始まりだった…。

とかたいそうなこと言ってるけど、別に滑落したとかそういうことではない。
あ、結構急な斜面だったりはする。
女子大回転コースが獣道になっているんだけど、これがまた岩だらけで。
冬はなんとも思わないけど、まさかあの雪の下がこんなに岩だらけだとはビックリ!
岩ゴロゴロと、斜度があるので土が結構滑るのでそんなにスピードを出しては下れない。

070818_teine15.jpg
下り始めは快調!ここは北壁リフト降りて女子大に向かうコース

070818_teine17.jpg
女子大を下り中…油断するとズザザーって滑り落ちかねない急さと足場の悪さ

そうこうしてたら、中腹より下くらいのとこから虫がたくさん寄ってきてすごい不快。
歩いてても不快なんだけど、うっかり足を止めたものならもう、顔中にたかってくる感じ。
まあ、肌の露出しているのが顔だけだからしょうがないんだろうけど、それにしてもヒドイ。
あまりに耐え切れなくて、タオルをかぶりその上からサングラスというありさま。

070818_teine16.jpg
こんな…あごのところは縛ってたけどさすがに写真公開するにはイケてないのでほどいてる

で、気づいたら帽子のつばの下に入り込んでおでこに留まってたりするから油断できない。
一度、はらったのに何か気配がする!と思ってサングラスをはずしたらサングラスの中に虫が…オソロシイ!
オサと2人、後半はキャーキャー言いながら虫と格闘下山。

そして、無事下山~!
いや~のんびり登山はいいねぇ~なんて清々しい気持ちで帰路についたのでした。
まさか次の日、あんな悪夢が待ち受けていようとは知らずに…。
(下手な引きだなコレ)
PERAMALINK | TRACKBACK:0 | COMMENT:0
Comments

★コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
トラックバックURLはこちら
http://maather396daihyo.blog11.fc2.com/tb.php/285-1193065d
Recent Comments
Recent Trackbacks
About Me
maather396ダイヒョウ

  • Author: maather396ダイヒョウ
  • ◆誕生日◆
    3月27日

    ◆座右の銘◆
    明日できることは明日やる

    ◆仕事◆
    OL(経理)

    ◆趣味◆
    睡眠

    ◆このブログについて◆
    日々の思いつき。後で読み返して照れること必至。
    maather396ダイヒョウという肩書きとはたいして関係ないことが多いかも。

    ◆スノーボード◆
    自己満足映像
    kazuha_movie
Search
gremz
Black Cat
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。